障がい者家族の、障がい者家族による、障がい者家族のための組織
~安心して相談できる“確かな『親なきあと』相談窓口”を目指して~

 

 東京の行政書士である渡部伸先生や、(一社)日本相続知財センター様の『親心の記録』の配布活動のご尽力により、ここ数年で『親なきあと』という言葉が市民権を得、それと同時に同相談窓口が、全国で多数開設されるようになりました。

 ですが、親なきあとへの備え(生活費、相続、住まい、生活、就労、その他諸々)についての情報が、まだまだ行き届いていないことを痛感するも、それぞれの相談窓口の横の連携の無い中で、一元的なご相談にしか応じることができない現状があります

 

 そこで今回、『親なきあと』の問題に対し

 ・活動拠点を関西に置く各業種の専門家であり、

 ・間違いのない確かな情報を提供することができ、

 ・我が事、我が家族の事と捉えて親身に相談にのることができる『障害者家族当事者』

 

上記3点の何れにも該当する者をメンバーに迎え、【一般社団法人『親なきあと』相談室 関西ネットワーク】を設立しました。

 『親なきあと』への相談は、子どもの生活全般に及ぶため、非常に広範囲にわたります。財産のことだけ、住まいのことだけ、仕事のことだけ、ということにはなりません。

 「私はその部分に関しては専門外なので、相談にのれません」と言ってご相談をお断りすることがないように、各専門家でチームを組んで、相談者に対応する事を目指します。

 

名称 一般社団法人 親なきあと 相談室 関西ネットワーク
設立 2019年6月
所在地 〒541-0054 大阪市中央区南本町2-3-12 EDGE本町3階
電話番号 06-6648-8949
代表理事 藤原 由親 藤井 奈緒
事業内容

◆「親なきあと」に関するセミナーの定期開催

◆個別相談、各方面の専門家への橋渡し

法律(遺言、家族信託®・成年後見等)・お金・就労・住まい・就学・療育・空き家・お葬式、お墓・その他

◆『親心の記録®』の普及活動と書き方アドバイス

◆インターネットやメディア等による情報発信

◆各相談窓口や事業者などとの連携の拡充

◆情報交換の場の提供